複数台接続するならハイスペックなものを

オフィスに市販のwifiルーターは使える?

オフィス内にwifiルーターを設置するのは、場所を選ばずにパソコンを設置することが出来るためメリットがあります。また、レイアウト変更時にLANケーブルの配線をやり直す必要もないのが特徴です。ですが、オフィスともなるとインターネットに接続する端末台数も多くなるため、wifiルーターの性能にも注意が必要になります。1台のwifiルーターに複数台接続すると通信速度が低下してしまい、業務効率の悪化を招いてしまいます。
そこで、ハイスペックのwifiルーターを導入するのが設置場所も少なくなるため、メリットがあるように思われます。ハイスペックなモデルほど、同時接続数も増えるのが特徴ですが、家電量販店で家庭向けに販売されるものでも通信能力に合わせて設置台数を検討することで、問題無く使用することも可能です。選び方次第では、少ない投資費用で手軽にwifi環境を得ることが可能です。
市販品でも、2台や3台のパソコンやモバイル通信端末で通信速度が低下するものではありません。1台に接続する端末を固定、割り当てすることで安いものでも、快適にインターネットに接続可能です。また、必要に応じてwifiルーターを追加するのも容易であり、基本的にはインターネットの基幹回線でハブで分岐さえしていれば、分岐している分だけ追加することが可能です。

社内でのwifi通信はアクセス制限も重要です!

オフィス内でwifiルーターを設置することは、多くのメリットがあります。インターネット回線を敷設する際に掛かる費用の削減、無線通信によりLANケーブルが無くなることでメンテナンス性の向上、そしてオフィス内のレイアウトを自由に変更できることです。特にレイアウト変更は、業務効率の改善にも繋がり、利益に結びつくこともあります。
ですが、wifiルーターの設置がメリットだけではなく、社員が個人所有しているスマートフォンやタブレット端末の接続問題は避けては通れません。常時、社内ネットワークに個人所有のモバイル通信端末が接続されることで、セキュリティ面での問題だけではなく、通信速度の低下も引き起こしてしまいます。スマートフォンの場合、大容量のデータ通信はwifi通信環境下で行うことが設定でき、アプリのダウンロードや更新が常時行われてしまうと通信負荷が大きくなってしまいます。
そのため、wifiルーターを設置する際は、社員が勝手に接続端末を設定出来ないようにするなどの対策が必要になります。接続用のIDやパスワードは非公開にし、社内サーバーでアクセスログを監視するなどの対策がおすすめです。特に会社で貸し出すスマートフォンやタブレット端末のwifi設定は担当者個人に行わせないことが肝心です。

RECOMMEND CONTENTS

  • 固定回線での契約はコスト的に問題あり

    オフィスにフリーで使えるwifi環境を整えるなら? オフィスといっても、社員が業務を行うスペー…

    » 続きはコチラ

  • ビジネスチャンスの増加にもつながるwifi

    オフィスにはwifiがあると何かと便利 wifiをオフィスに設置する、または持ち歩きのできるタ…

    » 続きはコチラ

  • 作業の効率化に一役買うwifi

    オフィスにwifiを設置してネットワークを強化 いつでもどこでもネットを自由に使えるようなオフ…

    » 続きはコチラ

  • 複数台接続するならハイスペックなものを

    オフィスに市販のwifiルーターは使える? オフィス内にwifiルーターを設置するのは、場所を…

    » 続きはコチラ